1.ソフト準備

WindowsならMozilla – Thunderbird
AndroidならBulueEmail
また後述のTUSBクラウドで接続できます。

(iPhoneとMacはまだ確かめていないので後で探してきます。)

注意:Outlookや一部のメールソフトではエラーが出ます。エラーが出たら素直に諦めてください…(調べたらソフトのせい)

 

2.ソフト設定

Mozilla – Thunderbirdの設定を例に記述します。

 

ローカルフォルダー→このアカウントの設定を表示するをクリックします。

 

次にアカウント操作をクリックします。

 

その後ツリーボックスが開くので

 

メールアカウントの追加(A) をクリックします。

 

その後メールアカウント設定が出るので

あなたのお名前(N):*自分の名前
メールアドレス(L)メールアドレス ( [ID]@skyblock.jp)
パスワード(P)設定したパスワード

 

 

*ここで設定した名前はメール届いた相手に見えます。

を入力したあと続けるをクリックします。

 

その後検索が始まりますので。

手動設定をクリックします。

ここで放置すると自動的に設定が終わってしまいます。

ここでメールの詳細設定をします。

 
受信IMAP
POP3
mail.skyblock.jp993
995
SSL/TLS暗号化された
パスワード認証
送信SMTPmail.skyblock.jp465SSL/TLS暗号化された
パスワード認証

とこのようにします

IMAPならポート番号は 993
POP3ならポート番号は995
に設定してください。

 

サーバホスト名はmail.skyblock.jp です

POP3とIMAPの違い

POP3はメールをサーバからダウンロードして表示します。ダウンロードしたデータはサーバから消えますので、
複数の端末で見る場合一部メールが欠けたりします。
またローカルで削除した場合でもサーバからメールが消えない場合があります。
ダウンロードするのでオフラインでも見れて閲覧までの時間が早いです。

IMAPはメールをサーバのメールフォルダーを直接覗いてメールを見ます。
サーバに保存されているので複数の端末で見れますが。閲覧のたびに通信が発生するため少し遅くなります。

郵便受けにある手紙を全て家に持ち運ぶのがPOP3
手紙の内容を掲示板に張り出しているのがIMAP
って感じ

 

 

その後再テストから完了をクリックすると正常にメールの送受信ができるようになります。

 

もしエラーが出る場合はこちらの証明書をインストールしてみてください。
https://cloud.skyblock.jp/index.php/s/awnHML7XRrTi8zm