【Plugin建築講座?】巨大建築物を簡単に作ろう ~浮島~

【Plugin建築講座?】巨大建築物を簡単に作ろう ~浮島~

こんにちは、えあー(air_・ω・)です。

ねじ箱さんがWorldPainterの講座を開いていらしたので、私は「Plugin建築」と言う事で軽い解説をさせて頂きます。

WorldPainterって外部ツールだから、実際に見て調整出来ないのは不安…という方にお勧めです

Plugin建築なら、大胆に、そして細かい所まで簡単に建築をする事が可能なんです。

 


今回使うPlugin: 【Worldedit】【Voxelsniper】【GoBrush】(前提にFastAsyncWorldEdit)

土台(底面)を作ってみよう

まずは広く何もない土地を用意しましょう。この建築では周りの地面に影響が生まれるので、注意です。

 

GoBrushがちゃんと導入されている場合は、火打石を左クリックすると、このようなメニューが出てくるはずです。

今回は

type: Hills.png

Size: 35 (3DSize: 8.75)

Intensity: 8

Pull: up side

3D/Flat Mode: disabled Auto

Rotation: true

となります。一番左のアイコンからGoBrushをonにするのを忘れないで下さいね!

設定が完了したら、地面に向けて右クリックしてみましょう。

地面がグワッと持ち上がるはずです。

そのまま右クリックを連打して行くと….

こうなります。

1分足らずで山が出現しましたね(;´・ω・)

さて、これでもいいのですが…少しごつごつしているので、滑らかにしていきましょう。

 

 

/b e smooth

次はVoxelsniperの出番ですね。こちらのコマンドで、smoothブラシを指定した後…

/b <5~10位>でブラシの効果サイズを指定しましょう。(デフォルトではSize3)

そしたらで山を右クリックしましょう。

画像のように、滑らかな地形になったらokです( ˘ω˘)v

さて、先程のsmoothで消えてしまった物がありますね。

そう、山のとんがりです。やっぱりあると良いですよね(*’▽’)

GoBrushのメニューを開き、設定は先程のまま Sizeを7まで、Intensityを5まで下げましょう。

そして滑らかになった山の頂点にとんがりを付けて上げます。

山が完成しました!

しかしここで疑問に思う方も多いはずです。「題名”浮島”じゃん、違うやんけェ!」と。

そうです。あくまで作るのは浮島なのです。

ここからがWorldEditの出番になります、まずは作った山の対角にブロックを設置しましょう。

/up 1 と打つと、今自分が居る座標にブロックが置かれるので便利です。

そうしたら木の斧で先程置いた対角のブロックを片方で左、もう片方で右クリックしましょう。(First、Second Point)

この状態は、左クリックした場所から右クリックした場所までをWorldEdit(WE)で“指定”している状態です。

そして//replace stone と入力すると….

範囲内のブロックが全て石(stone)ブロックに変化します。

ここからどんどん進めて行きますよー!

先程の選択した範囲を//cut (選択した範囲を切り取って保存)

真上を向いた状態で//flip (copyした物を反転)

そしてある程度高い位置に上昇したら//paste (保存した物を召喚)

すると…

なんという事でしょう。

先程の建築物が逆さまになり、一瞬にして浮島の底面になりました。

(//pasteは物を保存した時の自分と物との相対位置そのままその位置でペーストされるので、あまり離れてcopyすると見当違いの方向に張り付けられてしまいます)

次、何すればいいかはもう学んでいますよね?

先程のやり方でこの島の上にまた山を作ればいいのです。

smoothして、とんがりを若干弱めに付けて、Voxelsniper「/b e melt」でふちの分厚さをすり減らします。ブラシサイズは/b 3~4 程度が良いでしょう。

(Voxelsniperのブラシは一律で矢(別の効果ですが火薬も)なので、 VoxelSniper = 矢 で覚えておきましょう。)

完成したのがコチラ。

さて、いよいよ仕上げ。無色なこの島に色を付けて行きます。

/b over d2 (d2 = deep2)

/v grass

/b <10~20>

で、地表2mを草(grass)ブロックに置き換えるブラシが出来ました。

出来たら言う事はあるまい、ひたすら塗るべし。

どんどん進めて行きましょう、

/b sover c d1 (Splatter over / ComboMode / deep1)

/vi 1 (blockdata: 1)

/vr air (replace block: air)

/v 31 (Long_Grass)

/b <8~12>

これで火薬を持って地面を右クリックしましょう。

ランダムに草が生えるはずですwwwwwwwwwwww(ry

/tree big (手に持ってるツール類もしくは素手にTreeブラシが付与されます)

これで地面を”直接”右クリックすると木がランダムで生えます。

木を生やし、草を生やし、滝をちょっと付けてみました。

地上部分はこれで完成となりますが、もうひと工夫するためにあるコマンドを使いましょう。

(反転した時の「選択したWEの範囲」を使用して)

//replace stone 40%stone,20%4,20%159:9,20%stone:5 (○%と中のブロックは自由に変えてokです)

このコマンドを打ち込めば…

完成です!!

お疲れ様でした。登場した数値等を改変する事で、自分だけの色の島、自分だけの形の島を作る事が出来ます。

あくまで一例として、作り方を解説させていただきました、分かり易かったならば幸いです(´・ω・`)v

急ぎ足でまとめるような形になってしまいましたが、見て頂きありがとうございました。

Plugin建築はこれ以外にも様々な汎用が可能で、可能性は無限大です

頑張ってLocalhostなどのサーバーを建てて、ちょっと触れてみるといいかもしれません!

Twitter でフォロー

ブログ統計情報

統計情報の取得中に問題が発生しました。後ほど、もう一度お試しください。
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31