LINE Notifyを使ってスマートフォンへメッセージを送信する

LINE Notifyとは?

LINE NotifyとはLINEが提供するサービスで、自身のLINEアカウントや、自身が参加するグループ会議に自動でメッセージを送ることができるWEBAPIのことです。
今回はこれを使って自分のスマートフォンのLINEへメッセージを送りましょう。
解説はLINEがすでにスマートフォンにインストールされていて、LINEのアカウントを作成していることを前提に話します。

LINEのトークンを作成する

  1. ライン公式サイトのマイページへアクセスします。
  2. アクセストークンの発行(開発者向け)」の「トークンを発行する」をクリックします。
  3. トークン名を入力します。
    ※このトークン名はメッセージを送った際に、[トークン名]メッセージ内容として表示されます。
  4. 通知を送信する場所を選択します。ここでは、自身に送るか、または自身が参加しているいずれかのグループ会議に送るかを選べます。
    ※グループ会議に送りたい場合は、LINE Notifyアカウントをグループ会議に招待してください。
  5. 発行する」をクリックし、表示されたトークンを控えます。
    ※このトークンは閉じた後二度と取得することができません。自分でしっかり保管してください。

プログラムする

今回はC#とGoogle Apps Scriptの2つのパターンを掲載します。

C#

Google Apps Script

いかがでしょうか、LINE Notifyというアカウントから期待した言葉が送られてくれば成功です。

最後に

今回Google Apps Scriptの例を紹介しましたが、Google Apps Scriptは非常に有用な言語だといえます。
定期的に実行させたり、Googleのあらゆるサービスからデータを取得、書き換えしたりできるので、今後ますます利用者が増えるのではないかと考えています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。