LINE Notifyを使ってスマートフォンへメッセージを送信する

LINE Notifyとは?

LINE NotifyとはLINEが提供するサービスで、自身のLINEアカウントや、自身が参加するグループ会議に自動でメッセージを送ることができるWEBAPIのことです。
今回はこれを使って自分のスマートフォンのLINEへメッセージを送りましょう。
解説はLINEがすでにスマートフォンにインストールされていて、LINEのアカウントを作成していることを前提に話します。

LINEのトークンを作成する

  1. ライン公式サイトのマイページへアクセスします。
  2. アクセストークンの発行(開発者向け)」の「トークンを発行する」をクリックします。
  3. トークン名を入力します。
    ※このトークン名はメッセージを送った際に、[トークン名]メッセージ内容として表示されます。
  4. 通知を送信する場所を選択します。ここでは、自身に送るか、または自身が参加しているいずれかのグループ会議に送るかを選べます。
    ※グループ会議に送りたい場合は、LINE Notifyアカウントをグループ会議に招待してください。
  5. 発行する」をクリックし、表示されたトークンを控えます。
    ※このトークンは閉じた後二度と取得することができません。自分でしっかり保管してください。

プログラムする

今回はC#とGoogle Apps Scriptの2つのパターンを掲載します。

C#

using System;
using System.Text;
using System.Net;
using System.Web;//ない場合は参照設定からSystem.Webを追加してください。

namespace LINE
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            var token = "取得したトークン";

            var url = "https://notify-api.line.me/api/notify";
            var enc = Encoding.UTF8;
            var payload = "message=" + HttpUtility.UrlEncode("こんにちは!", enc);

            using (var wc = new WebClient())
            {
                wc.Encoding = enc;
                wc.Headers.Add("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded");
                wc.Headers.Add("Authorization", "Bearer " + token);
                var response = wc.UploadString(url, payload);
            }
        }
    }
}

Google Apps Script

function myFunction() {
  var message="こんにちは!";
  sendHttpPost(message);
}

function sendHttpPost(message){
  var token = "取得したトークン";
  var options =
   {
     "method"  : "post",
     "payload" : "message=" + message,
     "headers" : {"Authorization" : "Bearer "+ token}

   };

   UrlFetchApp.fetch("https://notify-api.line.me/api/notify",options);
}

いかがでしょうか、LINE Notifyというアカウントから期待した言葉が送られてくれば成功です。

最後に

今回Google Apps Scriptの例を紹介しましたが、Google Apps Scriptは非常に有用な言語だといえます。
定期的に実行させたり、Googleのあらゆるサービスからデータを取得、書き換えしたりできるので、今後ますます利用者が増えるのではないかと考えています。

コメントを残す

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。