元始、プログラマは太陽であった。

今は月ですらない…

どうも、プログラマやってるハルです。
今回はTUSBにも技術にもまったく関係ない私事についてたまには書いてみようかと思います。

突然ですが、皆さんは将来の夢ってなにかありますでしょうか?
もしくは、子供のころ、どんな大人になりたかったでしょうか?

小学生の頃

私は、小学生のころ、地下鉄、それも都営大江戸線の運転手になりたかったんです。
私は生まれてから6才ぐらいまで、西新宿五丁目という駅から徒歩1分ほどのマンションにすんでいました。
また、祖父母も、祖父が失踪する出来事が起きるまでは中野坂上という駅から徒歩5分ほどのマンションに住んでいました。
どちらも都営大江戸線という電車が走っている駅で、祖父母のマンションに行く際や、お出かけする際、よく利用することが多かった電車、それが都営大江戸線でした。
私はこの電車を自分で動かすことを夢見て、小学生の「将来なりたい職業」に書いたことを覚えています。

中学生の頃

中学生に上がると、私の周りではPS3というゲーム機が発売され、流行りだしました。
PS3には今では当たり前ですが、オンラインの機能がついていて、離れたところにいる世界中の人たちと遊べるという画期的な機能がついていました。
パソコンすら持っていなかった私には、「インターネット」というものはお仕事に使うもので、娯楽にも使われているなんて微塵も思っていなかったので
世の中にこんな面白いものがあっていいのか!?と驚き、私はすぐに母におねだりし、勉強をがんばる(笑)という約束の下、PS3の20GBモデルと、人生初のADSL 50Mbps回線を手に入れたのでした。
私の家で唯一インターネットと接続できるPS3という機械を、私はこれでもかと遊びつくしました。
メインメモリが256MBしかないPS3の貧弱なブラウザで、ありとあらゆるサイトを閲覧し
アニメの美少女キャラが全裸でおしっこをしている画像を集めまくりました。
このころから、ゲーム機を作りたい!と思うようになりました。(ゲームソフトではない)

高校生の頃

高校はバイト漬けで、遊ぶ時間もなく、毎日のようにアルバイトをしていました。
この頃が一番つらかったです。
スーパーのレジ打ちのバイトをしてたんですけど、
朝8時から学校が始まって、15:30に学校が終わり、17時から22時までバイト
これ、単純に社会人になった今振り返ると、8時出社22時退社と同じなんですよね。
毎日楽なバイトしてえと心の中でスーパーのレジ打ちの面接を受けた自分を呪っていました
高校生でバイトをして、家にちゃんと毎月3万とか4万とか入れている人は本当にえらいと思います。
でも無理はしないで
ちなみにハルの総合コマンドエディタとかはこの頃書きました。(なので汚コード)

社会人になって

小学校では都営大江戸線の運転手
中学校ではゲーム機を作る仕事(あるのかはしらん)
高校ではとにかく楽なバイト
が将来の夢だった私。

では今何の仕事をしているのか、
それが冒頭の部分で書いたプログラマです。
ちなみに、その前に1回銀行関係のサーバーの運用保守を行う会社に入社してますが転職してます。

何でなろうとしたのか、自分でもわかりません。
ですが覚えていることとしては、フォロワーのペコさんが「ハルさんはプログラマになるべき」
と言ってたのでとりあえず転職してなってみました。

とりあえず、未経験でも入れそうな会社に面接を受けたら入社することができました。
そこはSESといって、会社に正社員として入社するけれど、まったく別の知らない会社に出向する。
という業務体系でした。
(後から知ったんですけど、ITでは人売り派遣の会社はよくあるみたいです。)

結果は最悪です。
毎日納期に追われるし、毎日家に帰る時間は22時近くだし
毎日もうやめてやる!と思って仕事してます。
(自分で選んだ道なので進めてくれた人はぜんぜん悪くないですし恨んでないです)

一番びっくりしたのはそのSESの実態です。
入社当初、私は本社の営業の人と、A社の営業の人に会いに行きました。
本社の営業の人は私をA社の営業の人に預けると、そそくさと去っていきました。
私はこのA社で働かされるんだ、とばかり思っていましたが、A社の人は私を連れて、また別のB社という会社へ連れて行きました。
そして私はそこで、A社の社員としてB社の面接を受けることになりました。
そして今は、本社→A社→B社という形で、B社のオフィスで働いています。
(オフィスといっても、2DKぐらいのマンションの一室みたいなところですけど)

毎日、帰りたいようとなきながら仕事しています。
有名な河童寿司の河童の労働実態のようなものです。

元始、プログラマは太陽であったはずです。
彼らは持てる技術を駆使し、きらきらと輝く職場できらきらと輝く仕事をする
そう思っていました。
現在、プログラマは月ですらありません。

そして、私の今の将来の夢は、自分の店を開いて居酒屋を開業することなのでした。

終わり。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。