6/22(土) 全体停止メンテナンス
[簡単!WorldPainter講座] 島の土台を作ってみよう Part.1

[簡単!WorldPainter講座] 島の土台を作ってみよう Part.1

どうも。 nut_boxです。何やら、こちら主催でのイベントが開催されるみたいですね。
建築部門のお題を見てみたところ、島を作れというわけなんですが・・・
病院島とかみたいな島の土台を作るのって、時間もかかりますし大変そうだと思いませんか?

だったらなんでこんな記事書いてんだというそこのあなた。
ええありますとも、超絶簡単に島の土台を作る方法が。

WorldPainterという地形ソフトと、mceditさえあればものの10分程度で簡易的な島を作れます。


この講座は全3パートになります。(予定)
・Part1: カスタムブラシで地形を作ろう  ←ココ
・Part2: Global operationsで色を付け、ひっくり返そう
・Part3: 応用編  完成した島の上に地形を作ろう


・今回使うもの: WorldPainter

  • カスタムブラシを導入しよう

WorldPainterを起動すると、最初の画面はこのようになっているかと思います。

 

ここで、右上にあるのが  ブラシ  というものです。

これで様々な地形を作ることになるんですが・・・

見ての通り丸と四角ぐらいしかないので、今回は  カスタムブラシ  を使います。

検索サイトで「worldpainter custom brush」などと検索するとカスタムブラシを配布しているところが出てくるので、

それをダウンロードして.minecraftと同じ場所にあるWorldPainter(WPを起動する奴が入っているほうではない)の中のbrushesにぶち込みましょう。

するとこんな感じになるはずです。

まあ、この中に白黒の画像が入ってれば導入成功ってことです。

 

  • 地形を作ろう

新しいワールドとして作る場合は、上の

File→New World…から造り始めましょう

既存のワールドに作る場合は、

File→Import new World→From Minecraft map… から目当てのワールドを選びましょう。


まず、次の画像で示したところを左クリックすると地形を盛れるようになります。

ここをクリックしたら、右上のブラシを選択し、実際にやってみましょう。

左クリックで地形を押し上げ、

 右クリックで地形を押し下げられます。

また、上のView→Show 3D view から立体的な地形を見られるので活用しましょう。

 

  • minecraftに出力しよう

こんな地形を作ってみました。

 

あとはminecraftに出力するだけです!


・WorldPainterで新しくワールドを作った場合

File→Export→Export as new Minecraft map…

でこんな画面が出ます。

 

まず、最初に下にある

Include chests of goodies と Structures のチェックを外し、

World type を Superflat に変更しましょう。

島を作るのに余分なものが消え去ります。

また、Mode も Creative にしておきましょう。 作る時の手間が少し省けます。

上のほうにあるTop layerなんとかかんとかでは地表のブロックの厚みを変更できます。

Underground materialでは地下のブロックを変更できます。


次に、上のほうのタブから Resources に移動しましょう。

ここでは、地形に生成されるブロックの量などを設定できます。

Resources everywhere のチェックを外すと全く生成されなくなります。

基本的に water と lava は邪魔でしかないので、それだけでも消してしまいましょう。

 

ここまでできたら、右下の Export を押してMinecraftに出力しましょう。

こんな感じになってれば生成成功です。

お疲れさまでした!


・既存のワールドに作った場合

File→Merge with Minecraft map…

でこんな画面が開きます。

右下のボタンを押せばMinecraftに出力できるわけなんですが・・・

ここでひとつ注意しなくてはならないことがあります。


・超重要!

真ん中にある Thickness of surface layer to replace の値を必ず “1” にしてください!(心配な人は0で)

最悪の場合、そのワールドにある既存の建物が破損します!


後は特に何もありません。 Merge を押して出力しましょう。

実際のワールドに地形が反映されたのが確認出来たら出力成功です。

お疲れさまでした!


とりあえずPart.1はこれで終わりです。

次回、Part.2でお会いしましょう。

Twitter でフォロー

Google アナリティクスの統計

generated by GADWP 

4 Comments

  1. 匿名

    お役立ち情報だな

  2. 焼きパン

    めずらしくお役立ち情報、ありがたみが深い

  3. Anonymous

    お役立ち情報だな

  4. 焼きパ&#1253

    めずらしくお役立ち情報、ありがたみが深い

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。